ペルーニット N-390061~99

今回は前回の続きでペルーニット N-390061~99までのご紹介です。
SONY DSC
↑ N-390061 ウール100% ¥15000
手編みプルオーバー
SONY DSC
↑ N-390062 ウール100% ¥12000
手編みベスト
SONY DSC
↑ N-390063 ベビーアルパカ82% ナイロン18% ¥11000
手編みベスト
SONY DSC
↑ N-390064 ウール100% ¥15000
手編みプルオーバー
SONY DSC
↑ N-390065 アルパカ50% ウール50% ¥13000
手編みベスト
SONY DSC
↑ N-390066 アルパカ65% ウール35% ¥16000
手編みカーデガン
SONY DSC
↑ N-390067 ウール100% ¥15000
手編みプルオーバー
SONY DSC
↑ N-390068 ウール100% ¥14000
手編みプルオーバー
SONY DSC
↑ N-390069 アルパカ65% ウール35% ¥11000
家庭機プルオーバー
SONY DSC
↑ N-390070 ベビーアルパカ82% ナイロン18% ¥12000
手編みプルオーバー
SONY DSC
↑ N-390071 アルパカ65% ウール35% ¥14000
手編みプルオーバー
SONY DSC
↑ N-390072 ベビーアルパカ82% ナイロン18% ¥16000
手編みプルオーバー
SONY DSC
↑ N-390073 ウール100% ¥18000
手編みカーデガン
SONY DSC
↑ N-390074 ウール100% ¥18000
手編みプルオーバー
SONY DSC
↑ N-390075 ウール100% ¥19000
手編みロングカーデガン
SONY DSC
↑ N-390076 アルパカ65% ウール35% ¥13000
手編みベスト
SONY DSC
↑ N-390077 ウール100% ¥12000
手編みフードつきベスト
SONY DSC
↑ N-390078 ウール100% ¥15000
手編みプルオーバー
SONY DSC
↑ N-390079 ベビーアルパカ82% ナイロン18% ¥20000
手編みプルオーバー
SONY DSC
↑ N-390080 アルパカ50% ウール50% ¥18000
手編みハイネック
SONY DSC
↑ N-390081 アルパカ50% ウール50% ¥15000
手編みベスト
SONY DSC
↑ N-390082 ベビーアルパカ100% ¥16000
家庭機編みニット
SONY DSC
↑ N-390083 ベビーアルパカ82% ナイロン18% ¥14000
家庭機編みプルオーバー
SONY DSC
↑ N-390084 アルパカ90% アクリル5% レーヨン5% ¥10000
家庭機編みカーデガン
SONY DSC
↑ N-390085 アルパカ75% ウール20% ナイロン5% ¥12000
家庭機編みショートスリーブ
SONY DSC
↑ N-390086 ベビーアルパカ82% ナイロン18% ¥11000
家庭機編みベスト
SONY DSC
↑ N-390087 ウール100% ¥20000
手編みジャケット
SONY DSC
↑ N-390088 ウール100% ¥16000
手編みハイネック
SONY DSC
↑ N-390089 ウール100% ¥11000
家庭機編みプルオーバー
SONY DSC
↑ N-390090 ベビーアルパカ82% ナイロン18% ¥14000
手編みハイネック
SONY DSC
↑ N-390091 ウール100% ¥14000
手編みフードつきベスト
SONY DSC
↑ N-390092 アルパカ50% ウール50% ¥11000
手編みベスト
SONY DSC
↑ N-390093 ウール100% ¥12000
手編みハイネック
SONY DSC
↑ N-390094 アルパカ75% ウール20% ナイロン5% ¥11000
家庭機編みベスト
SONY DSC
↑ N-390095 ウール100% ¥12000
家庭機編みニット+手刺繍
SONY DSC
↑ N-390096 アルパカ65% ウール35% ¥10000
家庭機編みニット+手刺繍
SONY DSC
↑ N-390097 ウール100% ¥17000
手編みカーデガン
SONY DSC
↑ N-390098 アルパカ65% ウール35% ¥16000
手編みカーデガン
SONY DSC
↑ N-390099 ウール100% ¥21000
手編みカーデガン
以上、N-390060~99までのご紹介でした。
ペルーニットのオーダーはまだまだ承っております。
引き続き宜しく御願いします。
KANEGでした。


« »