ドットとサリー

DSC_0457ドットプリントが流行の兆しです♪

ドット柄の生地が来S/Sの着分の依頼やスワッチカットが例年より多い気がします。
DSC_0455
色はやっぱり、定番の白と紺が主流でしょうか?
ドットまわりに刺し子(カンタ刺繍)を施した、手のこんだこの生地は草木染料を使用しています。
DSC_0458ドットプリント生地が来S/Sのトレンドの主流になるかもしれませんねー

そして、S/Sの定番といえば小花プリントでしょうか?
今回はインドの民族衣装のサリープリント生地をご紹介します。
DSC_0466
インドサリーはシルク、レーヨン、コットンと素材はさまざまですが1枚=約5.5mの布を巻きつけて使用する為、通常、ボイル、シフォン、ジョーゼットといった薄手の生地が使用されます。
デザインも無地、プリント、刺繍、格子柄など、さまざまです。
DSC_0461
DSC_0464
DSC_0465
今回は比較的、安価なコットンプリントサリーです。
プライス的な問題か若年層に人気だとされています。
DSC_0462
DSC_0463
ちなみにインドの富裕層は高価なシルクサリーを好むとされています。
弊社ではサリーの元になるシルクプリント生地やコットンプリント生地も数多く取り揃えております。

インドと言うと、真っ先にマドラスチェックが上げられますが上述のように「サリープリント」も代表的な服地の一つと言えます。

S/Sのブラウスやシャツ、ワンピース用に是非一度、「サリープリント」生地を使ってみてください。

インド素材の着心地のよさ、面白さ、楽しさが体験できると思います。

インド素材推奨部長、KANEGでした。

 

 


« »